とおるの旅”今日の一枚の写真”

アクセスカウンタ

zoom RSS エーゲ海  ミコノス島(1) パラボルチア二教会

<<   作成日時 : 2007/10/21 14:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


上記では、光は午前中・・・。


ミコノス島の パラボルチア二教会です。よく見かける被写体ですよね。

白い塊と青空だけの構成で写真になるのだろうかと疑問になる。プロはこれをどう撮るのでしょうかね

空を撮る角度だけで随分、空の色が異なってカメラが撮るのも、光は角度によって、異なる光を投げかけている。光の不思議。

以下では 夕方に近く光は斜めだが・・


画像






画像





画像







画像





画像




以下は夕方


画像







旅の話

9月19日から10月19日までの旅だった。

最高温度は28度から25度くらい。日差しが強く、強烈な熱量を持って肌を刺すようだ。この日差しの影響で、場所によって、恐ろしく暑い。暑い原因はもう一つ、ギリシャの島に行くと何時も坂道を歩かないといけない。いつも汗びっしょりだ。

10月半ばまではバカンス気分でヨーロッパの人々で観光地は、沸き立っているようだ。活気があって楽しい。遊びに来ているのでお祭り気分である。清らかな水の海水浴が気持ちが良い。

この明るい光と島々の景色によって、エーゲ海 独特の明るい陰影がある。心の隙間から差し込んでくる力のある光がある。また、島には見渡すとところすべてに絶景があり、心が和む。ヨーロッパの南のイタリア、スペインなどと全く異なるところだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは〜。
すごい!いきなり真っ白な教会からなんて感激☆
想像してたよりすごく青い海と真っ白な建物・・・。
行きたい!行きたい!
白い教会にコロン〜と小さな鐘がロマンティック〜。
本当にここへ行って来られたのですねぇ・・。
おやつとお茶持って、ぼっけ〜っと一日中してたいです。(*^m^*)
これからしばらく旅行記が続くかと思うと楽しみです♪
でも更新ゆっくりどうぞ〜。^^
しのぶ
2007/10/21 21:25
お帰りなさい。ご無事でなによりです!
遠国からコメントありがとうございいました。
本当に嬉しかったです。

これぞ白い建物に透明なブルーの空と海。
とおるの旅さんの素直な感動がそのまま伝わって
きます。日本では出ない空気感です。
写真は人の心が表れますね。

>心の隙間から差し込んでくる力のある光

豊かな表現ですね。

アリーヌ
2007/10/21 22:19
うわ〜っ、すばらしいところにおいでになっていますねー!!
エーゲ海、ミコノス島、協会・・・なんだかBGMにポール・モーリアが流れてきそうです。(笑)
とても国内旅行では味わえない魅力ですね〜!!
あ、コメント、ありがとうございました!
宮星
2007/10/22 00:22
こんばんは〜

いつも旅先からのコメントありがとうございました(^-^)
会話させていただいていたのでそんなに遠くにいらした気がしませんでしたが、エーゲ海のこの写真を見せられたらやはり異国を感じますね。
ぬけるような青空が素晴らしいです☆
同じ被写体が様々な色と表情を見せてくれて写真冥利につきますね。
はっしい
2007/10/22 01:00
しのぶさま
旅行の報告もちゃんとできなくて申し訳ありません。何とかそれを補うべく、いい写真を選んで行きたいと思います。

>おやつとお茶持って、ぼっけ〜っと一日中してたいです。(*^m^*)
おっと、ここは違うんですね。水着に着替えて、海の傍のパラソルの下でごろりですね。時々、水に入って遊んで見る。水は冷たくない。水の色は明るい水色です。

とおるの旅
2007/10/22 09:08
アリーヌさま
アリーヌさんの写真の魔力にしびれています。どんなアリーヌさん像が飛び出していくるか、とても楽しみにさせて頂いております。

>>心の隙間から差し込んでくる力のある光
に着目していただきましたか。つまり、バカンスとは、いろいろな事情で塞ぎこんだ心を溶きたいと行くのだけど、エーゲ海の風光は その心の残り少ない部分にでも、光が入ってきて、伸びやかに心を拡げてくれる。そんなエーゲ海の風光をご紹介したかった。
日本人が知らない光ですね。

とおるの旅
2007/10/22 09:19
宮島さま
コメント有り難うございます。
ポールモーリヤですか・・。さすがですね。これは聞こえないといけなかったかも(^O^)
これからしばらくエーゲ海をご紹介いたします。是非、コメント下さい。ポールもーリアの次は何でしょう(^O^)
とおるの旅
2007/10/22 09:23
はっしいさま
はっしいさまを連れて行ければ喜んだでしょうね。残念!(>o<;)/見渡すところ絶景とシャッターチャンスばかり。でも帰ってきて写真を見ると、綺麗な絶景が霞が掛かっている。コンデジで良かったのか、今回の結果でよく考えて見たいと思います。
次の写真を請うご期待(^O^)

とおるの旅
2007/10/22 09:29
エーゲ海ですか、夢のような世界ですね。
白い教会に刻々と色を変えていく空。
のんびり、充実した旅の様子がうかがえます。
1ヶ月もこんな旅が続けられるなんて、
とおるの旅さんは何者??
まだまだ謎が広がりますが・・
そのうち序々に解明することにして、次なるご報告を
楽しみにしています。
ともっぺ
2007/10/22 17:21
ともっぺさま
有り難うございます。しばらく、エーゲ海の魅力を調理しようかと思っています。
エーゲ海の目でみる香りを吸いに来てくださいね。
とおるの旅
2007/10/22 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
エーゲ海  ミコノス島(1) パラボルチア二教会 とおるの旅”今日の一枚の写真”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる